丸子

mariko-top.jpg

丸子(まりこ) 3,000円(税別)/100g (生産家 松川洋平)
 

 
 


丸子(まりこ)の代表的な品種茶「こんどうわせ」を使用。
品種と言っても民間育種、他では手に入らない葉桐オリジナル品種茶です。
やぶきたに、多分印雑系(いんざつけい)の花粉がかかってできた、印雑系(いんざつけい)の
極早生(ごくわせ)で、甘いうま味とフルーティーな香りを合わせ持った優れもののおいしいお茶です。
 

プレミアム丸子お試しサイズ
1,500円(税別)/50g
 
 

こちらの商品は新茶切替り時に価格変更する場合がございます。
2018年産茶葉は昨年の価格から変更ございません。
こちらの商品は、指定の産地、生産者、園地、品種で生産しています。
数量限定商品であるため、その年の収量及び品質によって価格が変動する場合がございます。
諸事情ご賢察の上、ご了承頂きますようお願い致します。
また、新茶期に価格変動があった場合、翌年新茶まで価格が変わることはございません。

 

 

丸子 の味わい参考データ
むし時間
形状
長い
細かい
短い
粉が少ない
極短い
粉が極少ない
香り 新鮮な
香り
芳醇な
香り
焙煎の
香り
口当たり やわらか さっぱり きりっと
後 味 まろやか こくがある 甘 め

 





丸子

静岡 丸子(まりこ)

松川さんは、若き生産家。
日本茶中興の祖、多田元吉が品種改良に力を注いだ地丸子で、
丸子のオリジナル品種「こんどうわせ」に挑戦しています。
こんどうわせは葉が大きく、茎が太いので製造が難しい品種です。
松川さんはこの品種に挑戦することで、腕をメキメキあげてきました。


 

静岡茶生産家松川洋平

 産 地 情 報
 生産者  松川洋平
 茶園所在地  静岡県静岡市駿河区丸子
 茶園標高  標高80m〜120m 傾斜地
 希少性(荒茶生産量)  年間100gで1200本(荒茶120kg)
 品種  こんどうわせ
 摘採方法  手摘み 一部可搬摘採機
 摘採時期  4月中旬~下旬
 茶園や茶園管理の特徴  自然仕立て栽培 芽重型栽培
 製造方法  普通蒸し煎茶 蒸し時間~30秒


 

茶園地図について
今まで公開していた茶園地図ですが、許可なく茶園に立ち入るなど
生産家にご迷惑をかけてしまう可能性があるため公開を控えさせていただきます。
葉桐、生産家、お客様にとっても大切な茶園です。
ご理解の上、迷惑となる行為はお控えいただきますようお願い申し上げます。